歩きに行ってきます

登山6年生 永遠の初級者ハイカーです

鈴鹿山脈最高峰 御池岳に行ってきました

2018年ゴールデンウィーク第一弾は鈴鹿山脈最高峰の御池岳に行ってきました。

 

今回は鞍掛峠東登山口(三重県側)からのスタートにしました。

トンネルは通行止めです。

手前にコグルミ谷登山口がありましたが、駐車台数が少なくすでに停めれそうになかったのでこちらを選択しました。

ゴールデンウィークの間の平日からか、朝7時到着で車が3台ほどでした。

 

f:id:tzwyk3:20180501224452j:image

 

橋を渡り、登山届を提出します。

※現在は登山届用紙はなく、地図アプリのダウンロードの手順書がありました。

事前に準備するか、ネットで届出をした方がいいです。

f:id:tzwyk3:20180501224514j:image

 

 

いきなり間違いそうになりますが、左に折れます。

鞍掛峠までは急な坂があります。

ザレているところもあるので、下りが思いやれれます。

 

f:id:tzwyk3:20180501224547j:image

 

 

今日はソロなのでいつも以上にゆっくり歩くを心がけます。

途中の花を撮影したりマイペースです。

f:id:tzwyk3:20180501224606j:image

 

 

 新緑が気持ちいいです。

登山道は歩きやすいですがこのあたりは道幅が狭い。

f:id:tzwyk3:20180501224621j:image

 

 

えっ!!と思いましたが難なくクリア

f:id:tzwyk3:20180501224654j:image

 

 鞍掛峠に到着です。

ここまでは坂がきつかったです。安全登山をお願いしました。

f:id:tzwyk3:20180501224725j:image

 

 

見晴らしのいい鉄塔をくぐります。

このあたりから尾根を歩きました。

f:id:tzwyk3:20180501224752j:image

 

 

カタクリが咲いていました。

f:id:tzwyk3:20180501224823j:image

 

テント泊ができそうな広いところにつきました。

北岳はまだかな。

f:id:tzwyk3:20180501224843j:image

 

f:id:tzwyk3:20180501224901j:image

 

f:id:tzwyk3:20180501224921j:image

 

森林限界を超えました。

見晴らしのいい広い台地です。このあたりからきれいな苔が現れます。展望も良好です。

霧がかかると道迷いがあるのかロープが張られてます。

f:id:tzwyk3:20180501224949j:image

 

 フカフカで気持ちよさそう

f:id:tzwyk3:20180501225006j:imagef:id:tzwyk3:20180501225021j:image

 

 鈴北岳手前からの風景

f:id:tzwyk3:20180501225113j:image

 

国道306号でしょうか。ずいぶん登ってきました。

f:id:tzwyk3:20180501225150j:image

 

北岳到着です。やっとここで人と会いました。

山頂手前はやはり坂なのでしんどいです。ここの下りも滑らないように気を付けないと。

f:id:tzwyk3:20180501225219j:image

 

右側の矢印の方向に進むと日本庭園や御池岳方面です。

ここからはなだらかで歩きやすです。

f:id:tzwyk3:20180501225240j:image

 

日本庭園へ進みます。

f:id:tzwyk3:20180501225306j:image

 カレンフェルトが現れます

f:id:tzwyk3:20180501225333j:image

 

 丸山分岐。

御池岳へ向かいます。

f:id:tzwyk3:20180501225418j:image

 

 

振り返っても綺麗な景色です。f:id:tzwyk3:20180501225438j:image

 

ドリーネに雨水が溜まって池になっています。

ドリーネはいくつかありました。カルスト地形の特徴ですね。

f:id:tzwyk3:20180502150727j:image

 

f:id:tzwyk3:20180501225453j:image

 

分岐からまた風景が変わります。

山頂手前はきつい坂では記憶でしたがしんどかったです。

f:id:tzwyk3:20180501225512j:image

 

 

 

f:id:tzwyk3:20180501225538j:image f:id:tzwyk3:20180501225554j:image

 

 

山頂で会った方たちはみんなコグルミ谷から登ったと。

いつもコグルミ谷からしか登らない方でした。次回は私もそうしよう。

 

いい天気ですが霞んでいます。

f:id:tzwyk3:20180501225618j:imagef:id:tzwyk3:20180501225633j:image

 

 

小休憩したところで奥の平に向かいました。

小高い丘の上になります。

f:id:tzwyk3:20180501225654j:image

 

あっという間に奥の平到着でした。次はボタンぶちへと向かいます。

f:id:tzwyk3:20180501225706j:image

 

f:id:tzwyk3:20180501225721j:image

 

 

ボタンブチ到着です。

見晴らしがとてもいいです。御池岳に来たら必ず寄りたいですね。

ここでランチをしたいのですが暑いのでやめました。行動食をずっと食べ続けながらきたので、空腹もなく元気なのでこのまま行動食をほおばりながら下山することにしました。

f:id:tzwyk3:20180501225751j:image

 

 天狗の鼻は誰もいないようです。

f:id:tzwyk3:20180501225809j:image

 

ボタンブチからの眺め

f:id:tzwyk3:20180501225823j:image

 

 天狗の鼻からの景色もいいですね。

f:id:tzwyk3:20180501225840j:image

 

御池岳を経由して下山します。

コグルミ谷登山口から車道を歩いて駐車場までと思ったのですが、車道は歩きたくないので、下りは転ばないようにゆっくり行くことにしました。

f:id:tzwyk3:20180501225855j:image

 

 

北岳ピークはショートカットして下山です。

かなり脚に疲労が溜まって、登山口まで滑って何度か転びそうになりました。

f:id:tzwyk3:20180501225916j:image

 

 なんとか鞍掛峠まで来ました。

ここまで無事に下山できたことの御礼をします。

ここからがあと少しですが、転倒注意です(下山直前でズルっとなりました。)

f:id:tzwyk3:20180501225927j:image

 

 無事到着です。川のせせらぎと冷たい風が心地よいです。

f:id:tzwyk3:20180501224430j:image

 

 今回は30分以内に水分補給と行動食を取りながらゆっくりペースで登ったからか、

結果コースタイムより早く下山することができました。私にはとても珍しく快調な登山でした。

 

f:id:tzwyk3:20180502150217p:image

 

7:10登山開始

11:30下山

4:20の山行でした 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてのスノーシューハイク、栂池自然園まで行ってきました

久しぶりの記録アップです。

地図アプリで記録していたので、すっかり疎かになっていました。

記憶を辿って記録しようと思います。

 

スノーシューハイクの前に雪山に触れようと富士見台高原(撤退)したのですがそれはまた後程アップできたらと思います。

 

今回は燕山荘さんのスノーシューハイクツアーに参加しました。

www.enzanso.co.jp

はじめは車中泊で行く予定でしたが、絶対にバテて倒れることはわかっていたのでツアー集合場所でもあるホテル雪倉さんに前泊しました。(深夜到着でもOKだったので)

トリップアドバイザーでレビューをみたらなかなか高評価で安心しました。

続きを読む

雨の双子池に行ってきました

f:id:tzwyk3:20171025161228j:image

 

この土日は今年最後のテント泊を予定していましたが、台風接近と2日前に予定していた赤岳に積雪があったので日帰りに変更しました。

 

今年6月の第一日曜日に双子池に行くつもりでしたか、蓼科山七合目登山口より先は通行止めでした。


ということで、台風接近ですが、どうしても山に行きたくて少しの雨でも行けそうなところを考えた結果、双子池に行くことにしました。


余裕を見て8時に着く予定が寝過ごしたのと、深夜の運転で睡魔に襲われSAで寝すぎてしまい、大河原峠に着いたのは9時でした。

 

f:id:tzwyk3:20171025154410j:image

車は1台のみ。

でしたが、次々と3,4台増えましたがやはり紅葉が終わったのと悪天候でとても静かです。

蓼科山七合目駐車場もガラガラだったので当然ですね。 

 

f:id:tzwyk3:20171025154540j:image

 

f:id:tzwyk3:20171025154555j:image
大河原峠 ⇒ 双子山(小休憩)⇒双子池(大休憩)⇒亀甲池⇒天祥寺原⇒大河原峠(ADAMOでケーキセット)のハイキングです。

 

 

レインの上下を着て(スパッツを忘れました。膝まで泥が付いたのでやっぱあった方が良かったです))、出発です。

1か月山歩きも運動もしていないので、歩き始めはしんどいです。

 

f:id:tzwyk3:20171025154721j:image

 

ゆっくり歩いて双子山到着(2,223.8m)

f:id:tzwyk3:20171025154802j:image

f:id:tzwyk3:20171025154822j:image


ここで会った登山者は大河原峠からほぼ同時くらいに出発した方たちと麦草峠からのソロの方でした。

f:id:tzwyk3:20171025154940j:image

ソロの方に撮ってもらいました。お疲れのところありがとうございます😊


蓼科山は真っ白で見えないのでガブガブ水分補給したら出発です。10分くらい滞在。

f:id:tzwyk3:20171025155139j:image

 

 

  

 

顏の高さまである笹の道はびしょ濡れになるし、足元を遮る為注意が必要です。

f:id:tzwyk3:20171025155202j:image

 

f:id:tzwyk3:20171025155213j:image

 


下り終わると雌池が見えました。

f:id:tzwyk3:20171025155623j:image

 

f:id:tzwyk3:20171025155835j:image

 

f:id:tzwyk3:20171025160536j:image

こちらは雄池


想像よりも大きな池だと思いました。

ここでお楽しみのごはんの時間です。

f:id:tzwyk3:20171025160617j:image

 

 

f:id:tzwyk3:20171025161056j:image
先行グループの方から頂いたお菓子で出来上がるまで待ちます。


今日の山ごはんは牛とじうどんです。

水、白だし、ゆでうどんが温まったらフリーズドライの牛とじ丼を入れるだけ。

f:id:tzwyk3:20171025161145j:image

 

 

双子池ヒュッテの方とお話をしてから亀甲池に向かいます。

f:id:tzwyk3:20171025161242j:image

 

f:id:tzwyk3:20171025161415j:image

 

雌池の前でテント泊してみたいです。(トイレはヒュッテで借りた方がよさそうな感じ)

 

この苔を見ると北八ヶ岳に来た実感が湧きます。

f:id:tzwyk3:20171025161445j:image

 

f:id:tzwyk3:20171025161457j:image

 

 

倒木の下を抜けたらもうすぐです。

f:id:tzwyk3:20171025161544j:image

 

 

亀甲池到着です。

f:id:tzwyk3:20171025161708j:image

 


こちらも水が透明できれいです。

f:id:tzwyk3:20171025164629j:image

 

亀甲池から天祥寺原は平坦でとても歩きやすい登山道です。目の前に蓼科山が見えないのは残念です。

f:id:tzwyk3:20171025164722j:image

 

あー楽ちん楽ちん♪

f:id:tzwyk3:20171025205551j:image

 

小川を渡り

f:id:tzwyk3:20171025205609j:image

 

天祥寺原

f:id:tzwyk3:20171025205809j:image

 

f:id:tzwyk3:20171025205817j:image

 

天祥寺原から大河原峠までは水たまり、泥濘が多いので滑らないように注意します。


甲高い動物の鳴き声が響き渡ります。


天祥寺原をすぎたところで先行のグループの方が見えましたが、結局大河原峠まで追いつけませんでした。

f:id:tzwyk3:20171025210057j:image 

 

双子山の横を通っています。

f:id:tzwyk3:20171025210047j:image

 

 

大河原峠につきました。

f:id:tzwyk3:20171025210210j:image

 

 

ADAMOでケーキセットを食べる気満々だったのですが、うどんが胃に残っていて今回はやめました。
台風が近づいているので直ぐに帰ってしまいましたが楽しい山歩きになりました。

のんびりっていいですね。

 

f:id:tzwyk3:20171025210552p:imagef:id:tzwyk3:20171025210558p:image

次はどこに行こうかな⛰

待ちに待った燕岳に行ってきました 二日目

昨夜は満天の星空でした✨

空と雲海が赤く染まってきました

今朝は天気が良さそうです

f:id:tzwyk3:20170904230110j:image

 

 燕岳山頂にもご来光待ちの人が

f:id:tzwyk3:20170904230131j:image

 

ご来光🌅

f:id:tzwyk3:20170904230149j:image

 

オレンジ色の燕岳も綺麗です

やっぱ頑張って登って一泊してよかった

f:id:tzwyk3:20170904230227j:image

 

朝食はペロリといただきました

白米が本当に美味しかった

f:id:tzwyk3:20170904230355j:image

 

槍ヶ岳がくっきりハッキリ見えます

いつか縦走できたらな 

f:id:tzwyk3:20170904230252j:image

 

やっぱ存在感すごい 

f:id:tzwyk3:20170904230439j:image

 

富士山もちらりと見えました 

f:id:tzwyk3:20170904230520j:image

 

 

帰りは合戦小屋までは早く感じました 

ゆっくりめで40分ほど

登りは苦労したのに

f:id:tzwyk3:20170904230516j:image

 

ベンチ毎に休みを取り、 

9:30頃無事下山ました 

駐車場までのアスファルトを歩くと脚がガクガク

f:id:tzwyk3:20170904230524j:image

 

下山後は穂高神社参拝しました

f:id:tzwyk3:20170904230606j:image

 

f:id:tzwyk3:20170904230539j:image

 

f:id:tzwyk3:20170904230548j:image

 

 穂高駅近くの一休庵さんでお蕎麦をいただきました。あっという間に完食でおいしかったです。

f:id:tzwyk3:20170904230544j:image

 

燕山荘で手ぬぐいとバッジを買いました 

Tシャツとバンダナも欲しくなりましたが、次回のお楽しみにしました

f:id:tzwyk3:20170904230552j:image

 f:id:tzwyk3:20170904231057p:image

 

登りはもう嫌と思いましたが、やっぱまた行きたいです。

 

次は常念岳〜燕岳の縦走したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

待ちに待った燕岳に行ってきました 一日目

0:30に、第二駐車に止めることができましたがあっという間に満車になりました。

 

朝4時で路肩にも車が。

ほとんど眠れませんでした。5時頃登山口に向かいます。

 f:id:tzwyk3:20170904153909j:image

 

登山口トイレを済ませ続々と出発します。 

f:id:tzwyk3:20170904153951j:image

  

 f:id:tzwyk3:20170904154116j:image

 

第1ベンチ

ここまででかなりお疲れです。

ペースが遅いので後から登って来る人たちにどんどん抜かれます。

f:id:tzwyk3:20170904154156j:image

 

 

f:id:tzwyk3:20170904154229j:image

 

 第二ベンチ

f:id:tzwyk3:20170904154319j:image

 

 

晴れ間が見えます。

山頂がいい天気だと期待して進みます。

f:id:tzwyk3:20170904154401j:image

 

f:id:tzwyk3:20170904154430j:image

 

第三ベンチ

かなりお疲れです。

汗が凄くて少し腰を下ろすとすぐ冷えてきます。

ひと月以上登山できず、8月は体調崩して全くトレーニングせずにきてしまったので嫌な予感... 

f:id:tzwyk3:20170904154516j:image

 

 登りがキツイ

f:id:tzwyk3:20170904154556j:image

 

何とか合戦小屋まできました。

やっと着いたー 

f:id:tzwyk3:20170904154641j:image

 

甘くて美味しかった 

f:id:tzwyk3:20170904154718j:image

 

合戦小屋を出発したものの、登り坂や階段になると心臓がバクバクしてなかなか前に踏み出せない。

気を紛らわせようとお花を撮影。

しかしどんどん抜かれます。道を譲ります。 

 f:id:tzwyk3:20170904154851j:image

 

f:id:tzwyk3:20170904154912j:image

 

f:id:tzwyk3:20170904154938j:image 

 

f:id:tzwyk3:20170904155000j:image

 

f:id:tzwyk3:20170904155025j:image

 

f:id:tzwyk3:20170904155104j:image

 

 

もうすぐですがガスがすごい

しんどくて心折れてましたが行くしかない。

f:id:tzwyk3:20170904155203j:image

 

 

 鎖場は何の問題もありませんでした。

しんどくてたまらない。

 f:id:tzwyk3:20170904155235j:image

 

 

燕山荘が見えました!

疲れて元気が無いため感動が薄い。疲れが吹っ飛ぶ時もあるが今日は全く元気が出ない。嫌な予感。

f:id:tzwyk3:20170904155302j:image

 

 

まだお花は咲いていました🌸

f:id:tzwyk3:20170904155354j:image

 

 

燕岳はガスで見えません。

f:id:tzwyk3:20170904155429j:image

 

階段を上がれば燕山荘到着です。

頭が痛くなってきてしまいました。

やっぱ寝不足とスタミナ切れですね。

f:id:tzwyk3:20170904155832j:image

 

 チェックインを済ませたらランチタイム

優しい味で体に染み渡ります。

少し元気が出たので今のうちに燕岳山頂をめざします。

f:id:tzwyk3:20170904155849j:image

 

すぐイルカ岩発見

f:id:tzwyk3:20170904155931j:image

 

コマクサは茶色くなってましたがまだ見れて良かったです。

この辺りで雷鳥らしき鳴き声が

f:id:tzwyk3:20170904155958j:image

 

 なんかすごいなー

綺麗です

この辺りから体調がまたおかしくなってきました。登り坂になると急に心臓がバクバクしてしんどい。

母に山頂の撮影を託し、私は山荘へ戻ります。

母はこの後雷鳥を見れたそうです。ハイマツの間から何回か顔を出したそうです。雷鳥見たかったな。

f:id:tzwyk3:20170904160152j:image

 

 燕岳山頂

岩に登ってみんな写真を撮っていたそうです。

 f:id:tzwyk3:20170904160229j:image

 

 

メガネ岩 

f:id:tzwyk3:20170904160331j:image

 

 

 f:id:tzwyk3:20170904160504j:image

 

夕食です

 

f:id:tzwyk3:20170904161710j:image

 

席に案内された途端、匂いで急に吐き気がしてトイレダッシュしてしまいました。

 

野菜とデザートしか食べることができませんでした。本当に、申し訳ありません。

 

夕食の時にオーナーの山のお話とホルンを演奏してくれました。楽しいお話でした。 

f:id:tzwyk3:20170904160558j:image

 

ヤマップで記録しましたが何だか正確に記録できませんでした。アプリが悪いのでわなく使い手が悪かったのです。電池の消耗が早いのが気にはなります。

f:id:tzwyk3:20170904231226p:image

 

f:id:tzwyk3:20170904231241p:image

 

辛い登り坂でしたが、燕山荘最高です。

常念岳縦走もしてみたいです。

でもまだあの坂道は登る気にはなりません😰

 

 

 

 

初めてのテント泊 涸沢カールに行って来ました(2日目)

おはようございます。

疲れ果てて疲れ果てて前日は夜7時には寝てしましました。

時々テントがバタバタ、足が冷えて寒かったです(寝るときは裸足じゃないと落ち着かないので)

モンベルの#2のダウンシュラフで薄着でした。ちょうどいい感じの暖かさでした。

ぐっすり眠って気がつけば4時過ぎ。

寝過ぎました。

 

6時には続々と山頂へ出発される方々が。

私も行きたいが下山しなければ。

 

 

f:id:tzwyk3:20170803123907j:image

 

f:id:tzwyk3:20170803124226j:image

 

トイレに行き朝ごはんを食べます。
天気がイマイチなのでモルゲンロートは綺麗には見えませんでした。
寒くて動きたくない。

 

 

常念岳見えません。昨日はチラッとですが見えました。

f:id:tzwyk3:20170807212330j:image

 

 そしてもたもたと撤収作業をして7時に下山開始しました。

 時間があればずっとここにいたいのですがそうは行きません。

 

今度は奥穂、北穂まで登りたい。

(普段グータラな私はトレーニングしないから無理か)名残惜しい。

f:id:tzwyk3:20170807212138j:image

 

本谷橋でバシャバシャと洗顔してしまいました

f:id:tzwyk3:20170803124057j:image

 

横尾到着到着‼️

f:id:tzwyk3:20170803124244j:image

 

普段ジュースを飲みませんがコーラがゴクゴク飲めちゃいました。糖分が身体に染み渡ります。

f:id:tzwyk3:20170803124303j:image

 

この日は小梨平でキャンプするので時間を気にせず撮影できました

f:id:tzwyk3:20170803124359j:image

 

f:id:tzwyk3:20170803124339j:image

 

f:id:tzwyk3:20170810222819j:image

 

 

絶対に徳沢で食べると決めていました。

具がゴロゴロで食べ応えがありました。美味しかった😊

f:id:tzwyk3:20170803125101j:image

 

12:10頃明神館

 今日もずーっと肩が痛い。

ついつい休憩が長くなってしまいます。

ザックを降ろせるのは嬉しいけど、背負うのが毎回大変。気合い入れます。

f:id:tzwyk3:20170803125128j:image

 

13時過ぎに小梨平到着 テントの受付け、テント設営しますがいい場所が空いていませんでした。

翌日は雨らしいので水没しなさそうな場所に設営です。

 

2日ぶりの風呂は最高でした。

ヤバイくらい抜け毛が凄くて薄毛にならないか心配になりましたが、さっぱりきもちいい✨

 

そして、梓川を眺めながらの風呂上がりの生ビールは最高でした。

おつまみなしであっという間に飲んじゃいました🍺

f:id:tzwyk3:20170803125158j:image

 

小梨平の売店で買ったナスでトマト、ニンニクのパスタのと大好きなアボカドです。

アボカドはレモン汁、パスタで余ったオリーブオイル、塩胡椒で和えただけです。

美味しくいただきました。

 f:id:tzwyk3:20170810221454j:image

 

 

どんよりと雲が掛かって穂高が見えなくて残念ですが、贅沢な時間でした。

f:id:tzwyk3:20170810221803j:image

 

小梨平は9時消灯です。

翌日も早起きしなければいけないので。

f:id:tzwyk3:20170810221952j:image

 

明日は天気が良ければ岳沢まで行きたいのですが。

 

 

初めてのテント泊 涸沢カールに行って来ました(1日目)

7/28~7/30の2泊3日で涸沢カール&上高地ハイキングをしてきました。

 

《行程 1日目》

上高地BT出発 6:00

明神館 6:45(休憩)

徳澤 7:40(休憩)

横尾 8:50(休憩40分) 出発 9:25

本谷橋 10:40(休憩)

テント場 14:00頃

 

休憩含み 8時間

 

夜行バスに揺られて6時間後、上高地バスターミナルにつきました。

天気予報通り雨。。。。

バスの中ではあまり眠れませんでした。

(行けるかなー、行けなかったら横尾で取りあえず泊まって明後日までどう過ごすかなー)

なんて考えながらも、続々とバスからハイカーさんが降りてきて、準備をして出発されます。

私もおにぎりとパンを食べて、トイレを済ませ登山届を提出し、レインを着こんで出発です。

テント泊の装備はやはり重い。担ぐのに気合が入ります。

f:id:tzwyk3:20170803122738j:image

 

何も見えません。

靄っていてこんな梓川もいいですね。

大量に雨が降っているのに、水が綺麗です。

f:id:tzwyk3:20170803120632j:image

 

 河童橋

f:id:tzwyk3:20170803120729j:image

 

 

河童橋からかなりゆっくりバンバン追い抜かされて、もう既に肩が痛くて気になってしまいましたが、思ったより順調です。

みなさん歩くスピードが速いというか、私が遅すぎます。

小屋泊にしておけばよかったなあと早くも後悔しました。

f:id:tzwyk3:20170803120831j:image

 

たくさんお猿さんに遭遇しました。

親子連れお猿さんがいっぱいいました。雨とザックの重さで写真を撮る気力がありません。

f:id:tzwyk3:20170803120859j:image

 

徳澤到着

ここでパンを食べてエネルギー補給です。

帰りは絶対にカレーを食べるぞ。

f:id:tzwyk3:20170803120935j:image

 

 

横尾

テントの数はさすがに雨なのか、時間のせいか少なかったです。

トイレ休憩と長めの軽食タイム。

f:id:tzwyk3:20170803121110j:image

 

 

紅茶とメロンパンいただきました。

f:id:tzwyk3:20170803121408j:image

 

 

弱い雨が降ってますが、雨が上がりそうです。

ここからがいよいよ登山といった雰囲気です。

f:id:tzwyk3:20170803121455j:image

 

 

横尾を過ぎたら雨がやみ、レインを脱ぎました。

尋常じゃないくらい汗で髪がベタベタ。水をかぶったみたいです。

山歩きを始めて年齢を重ねる度に汗の量が増えている気が。

 

 

本谷橋

吊り橋を渡りましたが、ゆらゆら揺れて思いザックを担いでのバランスとりながら歩くのって怖いです。

ここでも休憩。エネルギー補給。

ここまででもしんどいのですが、ここからがもっと大変でした。長かった。

f:id:tzwyk3:20170803122427j:image

 

 

屏風岩を撮影したはずが撮れていませんでした。

 

 

ここまで来るのにどんどん追い抜かれ、前に進めず何度も腰を下ろしてしまいました。

なかなか前に進めず、辛かったです。

遠くに雪渓が見えるのですがなかなか辿り着かない。

f:id:tzwyk3:20170803122526j:image

 

iPhoneの充電切れでここからは撮影できていません。カメラを取り出す力もなかったみたいです。涸沢ヒュッテのテラスからの風景も撮影したはずが撮れてませんでした。名物のおでんセットも食べることができませんでした。

ずっとザックの重みで肩が痛くて仕方ありませんでした。

調節がきちんとできていない証拠ですね。

 

海外に来たみたいな風景が目に飛び込んできたのを記憶しています。

 

いきなりテント場からの穂高ですが、涸沢槍がとんがってるのが確認できます。

疲れ果てテントを張り外で夕食したかったのですが、ダウンを着ていても寒かったので

テント内で夕食を撮りました。

この日はレトルトハンバーグとトン汁とアボガドサラダの予定でしたが、食欲がなくなってしまい、無理やりハンバーグとご飯を押し込みました。食べないと体力が回復しなければいけないので。

f:id:tzwyk3:20170803122705j:image

 

 予定では、13時には着いておでんセットを食べて散策しようとしていましたが、到着が遅れ体調も悪くなってしまったので、テントからちらりと景色を見るだけになってしまいました。

夜7時には就寝し、途中足が冷えて寒くなりましたが初めてのテント泊でぐっすり快適に眠れました。