歩きに行ってきます

登山6年生 永遠の初級者ハイカーです

初めてのスノーシューハイク、栂池自然園まで行ってきました

久しぶりの記録アップです。

地図アプリで記録していたので、すっかり疎かになっていました。

記憶を辿って記録しようと思います。

 

スノーシューハイクの前に雪山に触れようと富士見台高原(撤退)したのですがそれはまた後程アップできたらと思います。

 

今回は燕山荘さんのスノーシューハイクツアーに参加しました。

www.enzanso.co.jp

はじめは車中泊で行く予定でしたが、絶対にバテて倒れることはわかっていたのでツアー集合場所でもあるホテル雪倉さんに前泊しました。(深夜到着でもOKだったので)

トリップアドバイザーでレビューをみたらなかなか高評価で安心しました。

 

 

予定より少し早い17:30に我が家を出発です。

中央道を走って安曇野からがやっぱ長かったです。

近くに着いたもの真っ暗で場所がわからず少し焦りましたが、到着しました。

22:30予定より少し早くつけて良かったです。たくさん眠れる。

荷物もツアー終了まで部屋に置いて下さいとのことで何ともありがたい。

車を停めて降りようとしたら、夜遅いのにご主人が出迎えてくれました。

ホテル 雪 倉 のホームページ

 

部屋は6畳間にこたつ、テレビ、洗面台、エアコンのみといった感じでトイレは共同です。

部屋に案内されたら布団を敷いて速攻で寝ました。

 

f:id:tzwyk3:20180331003315j:image

6:00に起き部屋のカーテンを開けたら雪景色が!

真っ暗闇を運転してきたのでこんな景色が見えるなんて贅沢と朝からご機嫌になれました。

 

f:id:tzwyk3:20180331003338j:image

7:00の朝食もおいしく頂きました。なかでも切り干し大根の煮物がおいしくて、ご飯おかわりのオレンジジュース、食後のコーヒーまで頂きました。

いつものような深夜早朝運転からのハイキング出発とは違い、前泊するとやっぱ調子がいいです。

 

8:00 玄関前に集合です。ガイドさんの日焼けが半端じゃありませんでした。山男です。エベレストから帰ってきたみたいな日焼けでした。今回のツアーはみなさん常連さんだとか。なんか初めての自分は不安。。スノシューハイキング途中でばてないかな。。説明を聞き早速出発です。

 

f:id:tzwyk3:20180331003403j:image

チケット売り場は並んでました。

 

f:id:tzwyk3:20180331003703j:image

ゴンドラからの景色が最高でテンションが上がります。これだけでも来てよかったと満足気味です。

 

 

f:id:tzwyk3:20180331003535j:image

ロープウェイ乗り場には季節の花の写真が展示されていました。
この時点で次は水芭蕉を見に行こうと決めていました。(尾瀬に行きたいけど遠くてなかなか実現できません)

sizenen.otarimura.com

 

 

 

f:id:tzwyk3:20180331003558j:image

ロープウェイを降りたらスノーシューを履き出発です。

 

f:id:tzwyk3:20180330184202j:image

 

初めてでしたが簡単に履けます。山頂付近は時折風が吹いています。竜巻のように雪が舞いあがっていました。

 

 

 他のスノーシューバックカントリースキーの団体さんも多数いました。

小学生くらいの子供も家族で来たのかスキーに来ていました。とっても贅沢で羨ましい。

 

ずっと絶景を眺めながらのハイキングでテンション高めだったのか疲れを感じませんでした。ゆっくりペースで写真もバシャバシャ撮りながら歩きました。

 

 

 

右が戸隠山、左が高妻山

 

日差しが強くて無風になるので暑い。ジャケット全開、わきの下全開、腕まくりで歩きました。サングラスが無いと眩しくて目が痛くなりそう。

 

 

お昼ごはん休憩は雪のテーブルを作ってくれている間は遊んだりして

 

絶景を眺めながらのランチです。

 

f:id:tzwyk3:20180331003104j:image

ガイドさんよりスープを頂きました。 

 

のんびり来てしまったのか、帰りのロープウェイの時間が間に合わなくなったらいけないので、帰りは急ぎで。

 

スノーシューは下りは歩けないので、ヒップそりで滑りました。順番に滑りますが、前の人がどんな状況になっているのかさっぱり上からはわからないので怖い。

雪が柔らかくてうまく滑れませんでしたが、子供になったみたいにギャーギャー言って滑ってました。楽しかったです。

 

帰りは暖かくなって雪が緩んで歩き辛くなってました。

 

f:id:tzwyk3:20180331003204j:image

f:id:tzwyk3:20180331003239j:image

忘れないようにこの景色を目に焼き付けてロープウェイへと急ぎました。

ホテル雪倉に付き解散となりました。

チェックアウトの際に、隣の温泉をと思い入浴料を払おうとしたら、ご主人が昨日お風呂の時間が終わっていたから、温泉じゃないけどよかったらどうぞと言ってくれたのでお言葉に甘えて入浴しました。

 

今回のスノーシューハイクツアーは初心者や雪山が初めてのでも辛くないので十分楽しめると思います。水分と行動食はこまめに補給しました。あと服装の調整も。今回は暑かったです。かなり日差しが強かったので日焼け止めは何回か塗り直しました。

 

また水芭蕉を見に行くときは、雪倉さんにお世話になろうと決めました。

 

今年は夏も秋も白馬に来たいと思いました。

 

でもまだ行きたいところはたくさんありすぎて困ってしまいます。